MAINTENANCE BLOG

メンテナンスブログ

2/20 アイドリングストップ

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」です。

 

さて、まだまだ寒い時期ではありますがこれから春、夏と迎えるにあたって多いお問い合わせについて

特に真夏はよくアイドリングストップが効かないというお問い合わせ頂いてます。

何故かというと、暑い時期はアイドリングストップが効きません。

バッテリー上がりを防ぐ為、エンジンが停止しないようにしています。

バッテリーの充電状態が悪い時も同様です。

 

今、アイドリングストップが効いてるか効いていないか

また効いてないのはなぜか? 大まかな理由までセンサスでわかります。

 

My Carから進みDrive-Eを選択

 

 

そしてStart/Stopを選択

 

 

そうすると利用不可

その下にその理由が出てきます。

 

 

こんな形でセンサスで見れるんですね!!

バッテリーが弱ってる時は電機システムなどとでてきます!!

色々機能があるんでぜひ!いじり倒してみてください!!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/6 非常時のアレ

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

段々暖かくなってきたかな?という天気ですねー

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ピットは少しだけ過ごしやすくなってきたので作業が捗ります!

 

さて、今日のテーマですが普段使う機会がないけど、車検の度に

交換をしているアレ、、、そう「非常信号灯」

 

いわゆる「発煙筒」ですね、について書いていこうと思います。

 

車検見積もりの連絡を受けた際「期限切れだと車検に通らないので」

という案内を受けて交換するケースがほとんどかと思いますが、

「普段使わないし、期限が切れたらどうなるの?」という方も

いらっしゃると思いますので、そのご説明をしていきますね!

 

まず、発煙筒の期限の確認です。

ケースをくるくる回していくと、こういう記載があります↓↓↓

 

これが発煙筒の使用期限です。

写真の発煙筒も、このブログを書いている時点でまだ使用期限を

過ぎていませんが、入庫時から次回車検時までの間にこの期限を

過ぎてしまう場合、交換させて頂いています。

 

では、発煙筒の使用期限とはどういう基準のものなのか。

次はそれを使用方法と合わせてご説明しますね!

 

この発煙筒ですが、例えば事故を起こした際、高速道路や

見通しの悪いところで動けなくなってしまった場合に、

後続車両にそれを伝えるための目印として使用します。

なので使用される方はもちろん、実際手に取って見る方は

ほとんどいらっしゃらないのでしょうか?

 

では、中身がどういうものか、開けてみましょう!

 

ケースを引っ張ると、こんな感じです。

白いキャップが着火用の部品、その左が発煙筒の中身です。

使い方はマッチと同じで擦って着火し、煙と炎が出たら車の

少し後ろ、後続車が視認できる位置に置くだけ、簡単ですね!

 

この中身の部分が使用期限と関係していて、マッチも湿気ると

着火しにくくなったり、着火しなかったりしますよね。それと同じです。

マッチだとそこまで緊急性はないかと思いますが、発煙筒は非常用です。

いざ!という時に火が出なかったり、すぐ消えてしまうと二次災害を

引き起こすリスクに直結してしまいます、、、

そういったリスクを未然に回避する為に、使用期限を守る様に車検の際

ご案内させて頂いています!

 

 

あ、それと港北NTで交換している発煙筒ですが、機能がもう一つ!

 

ケース先端の黒いカバーを外すと鉄製の尖ったものが出てきます。

これなんだかお分かりですか??

 

この部分も非常時の際に使用するのですが、ガラスを割る為のものです。

 

事故の際、車両のドアが開かないなんて事態も想定されます。

そういう時、これでガラスを割って脱出する事が出来るので、

記憶の隅にこのブログを置いておいて頂けると幸いです!

 

普段使う事がないのに交換している部品、いかがでしたか?

少しでも疑問の解消に繋がると嬉しいです!

まぁ、使わない事が一番なので、皆様安全運転を宜しくお願いします。

僕たちメカニックもその安全運転をお手伝い出来る様、日々の整備で

皆様のお車をメンテナンスさせて頂きますので、、、

今後もVOLVO港北NTを宜しくお願いします!!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/2 要注意

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

また雪ですね、先週の雪も融けていないのに更に積もりますね、、、

 

 

凍った雪の上に新雪が積もるので、外出される際は気を付けて下さいね!

 

さて、雪話題という事で皆様が愛車で外出する際に、

「出発しようにも車に雪が積もって前が見えない、、、」

なんて事があると思います。

 

 

その際皆様どうやって対処していますか??

 

「冷たいのを我慢して手で掻き分けている」

「お湯を持ってきて融かしている」

「ワイパーを動かす」等様々だと思います。

 

こういった対処をされる際、お湯やワイパーを使う方は要注意です!

どうしてかと言うとですね、、、

 

・お湯を使う場合

氷にお湯をかければ早く融けるからといって熱湯を使うのは厳禁です!

フロントガラスは普通のガラスと違い何層にも重ねて作られています。

その為急激な温度変化に弱い構造になっていて、冷え冷えのガラスに

熱湯をかけるとガラスが熱膨張を起こし、割れてしまう恐れがあります!

 

なので、お湯をかける際はぬるま湯を使用するようにして下さい!

 

・ワイパーを使う場合

雪の重さでワイパーが折れる、ワイパーモーターが焼き付くといった

故障の原因になる恐れがあります!

ワイパーは雨を拭き取る用途で作られていて、水分を含んだ雪や

大量に積もって重さを増した雪だと動かない場合があります。

その際、ワイパーが折れたり、モーターが動けず焼き付いてしまう

といったトラブルに繋がる恐れがあります。

もし、ワイパーを使うならある程度雪を融かして仕上げにワイパーで

綺麗にする程度の用途に使うようにして下さい!

 

あと、理想は先にエンジンをかけてヒーターを全開にして、室内から

温めた上でぬるま湯をかけるのが一番効率的だと思います。

凍結防止スプレー等のケミカル製品を利用するのも1つの手段ですね!

 

冬の寒い時期限定に起こる話なので、なかなか馴染みの薄い話題では

ありますが、普段から知識として持っていると、こういった際にも

快適なドライブを楽しむ事が出来るので、記事にしてみました!

 

それでは皆様、良いVOLVOライフを!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/26 こんなこともやってます

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

48年振りの大寒波らしいですね、朝のピットは冷え冷えで

ブログ更新の為にタイピングする指先も冷え冷えです(笑)

 

さて、今日はピットの事や作業の事ではないですが、

メカニックがこんな事もやってますよーといった事を書いていきます。

 

僕たちメカニックはVOLVOに関する知識はもちろん、車に関する

知識・技術を日々習得していく為、自身で勉強しています!

 

それは学生時代学んだ事はもちろん、日々の業務も勉強の一つです。

 

他にも、VOLVOが主催するトレーニングカリキュラムに参加して

専門知識を勉強し、より良いサービスをオーナー様に提供できる様に

日々頑張っています!

 

先週、僕もそのトレーニングに参加してきたのですが、やはりVOLVOの

安全性能に関する意識は凄いですね、改めて実感しました。

トレーニングの内容等詳しい事はお伝え出来ないのですが、メカニックという

職業が、常に勉強し、自分磨きを重ねる職だと再認識する機会でした!

 

 

また、知識や技術を競う世界大会も開催されていたりして、

自分の知識・技量を腕試しする機会も毎年あるので、更に自分磨きが

捗っています!!

 

ものすごく裏側な話題で馴染みがないと思いますが、、、

メカニックが普段こんな事もしていますよーという内容でした(笑)

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/23 銀世界!

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

昨夜からものすごい大雪でしたね、皆様は帰宅等いかがでしたか?

僕は途中で電車が運休していて、歩いて帰りました、、、

 

一夜明けて出社してみると、、、

 

 

予想はしていましたが真っ白です(笑

 

もちろんこんな状態で仕事にならないのでスタッフ全員で雪かき開始

 

まともにお店が稼働するまでに4時間ほど頑張りました(笑

 

こういう時思うのが、やはりスタッドレスタイヤは必要だという事です。

何年に1度という大雪とはいえ、普段から備えておくと安心感も違います。

 

タイヤホテルの活用で、ご家庭で保管する必要もなくなるので、

スタッドレスタイヤをお持ちでないオーナー様は

是非ご検討されてみてはいかがでしょうか??

 

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
18ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/kohokunewtown_service/feed?feed=rss