MAINTENANCE BLOG

メンテナンスブログ

6/25 タイヤについて

 

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニックの加藤です。

 

今日は、雨が降ったり止んだりとジメジメした天気でしたね。

明日以降も雨の予報でしばらく雨が続きそうですね。

日差しがないのでだいぶ涼しく過ごせてますがやはり湿気が凄いですね。。

 

さて、今回はタイヤについてお話したいと思います。

車のタイヤは走れば摩耗し溝がなくなってくると交換が必要になりますが、年数の経過によっても劣化しタイヤのゴムが固くなりひび割れや本来の性能を発揮できなくなります。

まだ十分に溝が残っていても年数が経過したタイヤは交換をおすすめしています。

 

 

上記の画像のように少しずつひびが入ってきます。

 

 

 

溝の部分だけでなくサイドウォールにもかなりひび割れが生じていますね。

こんなひび割れを起こしていると交換を強くおすすめしています。

 

タイヤは地面に直接触れ動力を伝える部分です。

溝の量だけでなくひび割れや傷パンクなど定期的な点検を行ってください。

タイヤの空気圧も重要なのでこちらもこまめに点検してくださいね。

 

最近、点検や車検整備をしていると空気圧が不足している車が非常に多いです。

ガソリンを入れるついでや遠出をする前に点検するようお願いします。

 

もちろん空気圧チェックだけでVC港北NTへご来店頂いても構いません。

お気軽にご来店くださいませ。

 

VC港北ニュータウン店 メカニック「加藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/24 ブレーキについて

 

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店 メカニックの「加藤」です。

 

今日も元気よく港北NTのメカニック頑張っています!!

連日、大変暑い日々が続き私は少し疲れてきていますが水分しっかりとって負けずに頑張ってます!!

 

さて、今回はブレーキについて、、、

意外とブレーキに関する事って基本的なところなのであまり気にしなかったりするんですが、車にとってはとても重要な部分です。

走ってる車を止める部分ですからね。

しっかりメンテナンスをしないと重大な事故につながる危険性があります。

 

車のブレーキは、運転手がブレーキペダルを踏むとブレーキキャリパー内のピストンが押し出されブレーキパッドが回転しているブレーキローターに接触、摩擦をして車の走行をストップしています。

 

そこで今回はブレーキローターに着目してみます。

ブレーキローターもブレーキパッド同様、削れすり減ってきます。

そうすることにより、パッドが当たる面部分のみ削れていき角が立ちバリが発生してきます。

 

少しわかりづらいかもしれませんが、端の部分の角が立って鋭利になってますね。

 

 

 

ここまで減ってくると最悪はディスクローターが痩せて割れてしまうケースもあります。

割れるのは稀ではありますが、割れずともブレーキ鳴きの原因になったりブレーキの効きが悪くなったり(踏みしろが多くなったり)します。

なので、ブレーキパッドだけでなくブレーキローターも非常に重要な部分のため摩耗してきたら早めに交換をしましょう。

また、今後ブレーキについてはブレーキ交換の際に整備内容を紹介しながら詳しくお話していきたいと思います。

 

ブレーキは外からすぐに確認できるのでライトを照らしてちょっと覗いてみては???

 

VC港北ニュータウン店  メカニック 加藤

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/22 窓ガラス撥水コート

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」です。

 

昨日はもの凄い風と雨でしたね。

看板や木の枝なども飛んでいて危なかったですね。

 

いよいよ梅雨本番ということで、雨の日は視界がとても悪くなります。

晴れの日に比べ雨の日は5倍も事故率が高くなるそうです。

 

そんな雨の日でも快適なドライブを楽しみたいですよね。

そんな時にとてもおすすめしたいのがガラス撥水コートです。

 

油膜で汚れていてギラギラしていたりふき取りが悪かったり、もちろんワイパーのゴムも劣化しているとふき取りが悪く視界が悪くなります。

 

ワイパーブレードを新品に交換しガラス面も綺麗にし撥水コートを施工することによりガラス面に付着した雨水をはじき飛ばしとても視界が良くなります!

 

 

施工方法はまずはガラス面の油膜を専用の油膜除去コンパウンドで磨き落とします。

 

 

次にガラス面を清掃し脱脂を行い撥水剤を塗りこんでいきます。

 

 

15分ほど乾燥させた後に専用の拭き上げクロスで綺麗に仕上げていきます。


 

 

そして水をかけてみると、、、


ご覧の通り雨水がみるみるはじいて流れ落ちていきます。

少しの雨であればワイパーをほとんど使わなくても大丈夫なくらいです。

大雨の日はとても視界がいいです!

 

フロントガラスだけでなくサイドガラスにリヤガラスも施工可能です。

詳しい料金や施工時間などお気軽にお問合せください。

 

VC港北ニュータウン店 メカニック「加藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/19 サイドバイザー

 

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニックの「加藤」です。

 

今日もVC港北ニュータウン店元気にオープンしています!

 

 

 

今日はサイドバイザーの取り付けです。

 

雨の日などに窓を開けて換気したい時ありますよね?

そんな時に活躍するのがサイドバイザー!

 

取り付け部に脱脂をして位置を合わせて両面テープと留め具で固定します。

 

 

純正品ならではのデザイン。見た目を損なわず剥がれる心配もありません。

 

新車時だけでなく今お乗りのお車にもお取り付け可能です。

ご検討の方はVC港北ニュータウン店までご連絡ください。

また無料の10ポイントチェックや有料の手洗い洗車、手洗い撥水洗車も行ってます。

お気軽にお問い合わせください。

 

VC港北ニュータウン店 加藤

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドリング時の回転数

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニックの「加藤」です。

 

もうすっかり気温は夏。

暑い日が続きますが、これから梅雨に入るそうですね。

雨の日は、車のブレーキの制動力が弱まります。

制動距離はもちろんタイヤの状態にもよりますが、すり減ってるタイヤで濡れてる路面を走って止まった場合とタイヤの溝があり良い状態で乾燥した路面を走って止まった場合とでは濡れてる路面の方が乾燥してる路面に比べ約2倍も進んでしまうんです。

つまりいつもと同じ感覚でブレーキを踏んでいては止まりきれないということです。

 

なので、雨の日はいつもよりスピードを落とし早めのブレーキを心がけましょう。

また雨の日は晴天時に比べ事故件数が約5倍にもなるそうです。

より一層運転には気を付けましょう!!

 

さて、今回はアイドリング時の回転数について

なんかアイドリングが不安定だなーとかちょっとふかしたりハンドルをきると回転数が下がってエンストしそうになるなんて症状あるかと思います。

そんな時はスロットルボディが汚れている可能性があります。

エンジンを回す(燃焼)ためには燃料と火花と酸素が必要となります。

そのため空気を取り込むわけですがその取り込む空気量を調整しているのがスロットルボディです。

今は電子制御のためアイドリング時の空気量を調整してくれます。

 

しかし、様々な要因(エンジンの吹き返しなど)によってオイルやカーボンが付着し汚れてきます。

そうするとスムーズな動きができなくなりエンジンの不調へとつながるのです。

 

以下の画像が汚れてる場合です。

 

 

清掃するとこんなに綺麗になります。

 

いかがでしたでしょうか?

普段見ることも少ないと思います。

VC港北ニュータウン店ではメカニックによる作業後説明も行っております。

よりわかりやすく作業内容を説明いたしております。

 

気になることはお気軽にご質問くださいませ。

 

VC港北ニュータウン店 加藤

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
10ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/kohokunewtown_service/feed?feed=rss