MAINTENANCE BLOG

メンテナンスブログ

12/11 新車納車前点検

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

 

先日は短いブログでしたので、今回はしっかり書いていきます!

 

さて、今回は皆様がご成約頂き、本国より輸送されてきた新車が

どの様にして納車できる状態になるかを少しだけお見せします。

 

「新車納車前点検」と呼ばれる作業の工程について書いていきます!

 

本国より輸送されてきた新車ですが、作業前はこんな感じです↓↓↓

 

 

全身に保護カバーがかけられていて、まるで公開前のコンセプトカーの様です。

まずはこのカバーを取り外しつつ、ボディの傷等のチェックをしていきます。

 

 

カバーが外れてやっと車種が分かる様になりましたね(笑

ただ、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、まだカバーがあるんです↓↓↓

 

 

なんとブレーキにもカバーが取り付けられております。

新車保護の念の入れ方に気合を感じますねー

 

 

こんな風になると普段見慣れた光景になると思います。

タイヤのエア調整やホイールボルトのトルク締めもこの時に行います。

 

次に、輸送されてきた車両は船便で送られてくる為、不要なバッテリー放電を

防ぐ為に「輸送モード」という特殊なモードに設定されています。

それを、皆様が普通にお乗り頂けるように設定を変更していきます。

 

 

車両にテスターを接続し、ソフトウェアでの納車前点検を実施していきます。

 

それが終わると、お客様のご希望されたオプション品の取り付け等を行い

メカニックの作業は終了です!

 

 

そして、セールスマンによる登録作業や、磨き屋さんによるコーティングという

工程を全て完了し、お客様へご納車という風になっています。

 

簡単な説明でしたが、ピット内作業風景はいかがでしたか?

今後も様々な風景を掲載していければと思いますので、ブログ更新を

楽しみにしていてくださいね!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

 

【お知らせ】

12/12(火)の営業時間は10:00~15:00となっております。

ご来店を予定されているオーナー様はお気を付け下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/kohokunewtown_service/feed?feed=rss