MAITENANCE BLOG

メンテナンスブログ

便利な機能(窓ガラス編)

こんにちは

VOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」です。

 

全国各地で雪が降っていて冬本番となってきましたね。

東京でも雪の降る恐れがあるようで月曜日あたり降るそうですよ。

今からでもスタッドレスタイヤやチェーンなど間に合いますよ!!

ご要望はお早めに!!

 

さて、今回ですがVOLVO車の便利な機能をご紹介します!

ついうっかり窓ガラスを閉め忘れたり同乗者が開けたままで気づかず車から降りてから気づいたり、、、するとまた車へ乗りこみキーONもしくはエンジンをかけないと占める事が出来ないですよね。

そんな時、とても面倒です。

洗車時などでもほんの少し窓が開いていて中が濡れてしまったなんてことも。

 

そんな困ったを一気に解決するのが今回ご紹介の機能です!!

窓が開いていて閉めたい時、車外でリモコンキーのロックボタンを長押しします。

 

 

すると、、、

 

 

窓が閉まっていきます!!

 

全て閉まりました!!

そうなんです。

リモコンキー一つで窓の開け閉めまでできるんです。

開けるときはアンロックボタンを長押し

 

 

とても便利ですよね!

知ってる方もいるとは思いますが意外と知られてない機能!!

ぜひ試してみてください!!

 

 

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/7 続・ポールスターキット

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

新年明けましておめでとうございます!

今年も港北ニュータウン店とメンテナンスブログを宜しくお願いします!

 

さて、年末最後の投稿でポールスターキットのお話をしましたが

今日はその続編、「インテーク&エキゾーストキット」の取り付けを

メインにご紹介していきたいと思います!

 

車は空気を吸い込んで燃料と混ぜ合わせて爆発させ走ります。

その際に出るのが排気ガスで、排気ガスをマフラーから排出するのが

車の簡単な仕組みです。その吸い込む部品と排気する部品を効率の良い

部品に交換するのが今回のメニューです。

 

パーツの内容としては、

・エアクリーナー(吸い込む側の部品)

・センターパイプ以降のマフラー一式(排気する側の部品)

・専用マフラーカッター(排気する側の出口のアクセサリーパーツ)

・専用ディフューザー(リアバンパー下部のカバー)

の交換になります↓↓↓

 

これが純正状態のマフラーです、それでは交換していきましょう!

 

純正マフラーを取り外します、取り回しが複雑なので切断しないと外れません。

 

取り付けるマフラーの仮組です、材質がステンレスなのでかなり軽量です。

 

純正ディフューザーを取り外します。さて、ここから取り付け作業です!

 

まずはディフューザー、ブラックメッキでかなり引き締まった印象になりました!

 

マフラーを取り付け位置調整を済ませたら、専用マフラーカッターの取り付けです。

Polestarの刻印が専用部品の証です!

 

組み付けるとこんな感じです、すごくレーシーな仕上がりになりましたね!

 

最後にエアクリーナーを専用部品に交換して完成です!

見えない部品ですが、専用色だとやはり特別感がありますね

 

ホイールも専用の20インチアルミホイールへ交換です。

タイヤのグレードもワンランク上がって走行性能もアップです!

 

取り付けた仕上がりはこんな感じです、威圧感のある車に変身しました(笑

 

簡単な説明でしたが、交換作業はこの様に行っております。

取り付け後はロードテストを行い、各部の作動点検をするのですが

純正状態との走りの差に驚かされます(笑

専用ショックで固めの味付けになり、マフラー交換でエキゾーストサウンドは

純正にはないレーシーなものに変化します。

ECU書き換えでアクセルレスポンスは向上し、本当に別の車になりますよ!

 

車の好きな方、ワインディングやサーキットでのスポーツ走行を楽しむ方には

是非一度体感して頂きたいと思える内容のキットとなっております!!

 

長文になりましたが最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

今年もVOLVOオーナーの皆様に安心してお乗り頂けるお車を提供出来る様

精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/1/5 新年

こんにちは

VOVLOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」です。

 

あけましてあめでとうございます!!

2018年もVOLVOメンテナンスブログをよろしくお願いいたします!!

さて、めっきり寒くなってきまして東京でも雪が少し降ったようですね。

これだけ寒いと車は重宝しますよね!!

でも出先で車が止まってしまったり、何かしらトラブルが起きてしまうと大変ですし時間もとられてしまいますよね。

そんなことにならないようVC港北ニュータウン店では常に行ってる10ポイントチェック!!

特にこの寒い時期はバッテリーが上がってしまうことがあるので定期的なメンテナンスが必要です。

最近アイドリングストップが効かないなーとかエンジンかかりが悪いなーとかいう時は充電が足りず弱っているかバッテリー自体の経年劣化が考えられます。

またタイヤの空気圧も月に一回はチェックしてくださいね!!

定期点検で入ってくる車で4輪ともかなり空気圧が減っている車が多々見られます。

もちろんしっかり適正空気圧に充填しお返しするわけですが、日頃のメンテナンスをしっかりすることで燃費の向上や事故を防げます。

空気圧が減ったまま高速道路を走ったりするとバーストし走行不能になるおそれがあります。

そうなる前にしっかりチェックしましょう!!

手洗い洗車や撥水洗車も承ってます!!

ぜひ、お気軽にご来店下さい!!!!!!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「加藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/28 ポールスターキット

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

 

年末ですね、皆様はどんな1年でしたでしょうか?

僕は転職・引っ越しで激動の1年でした(笑

色々な事を思い返しつつ、ブログを書いています。

 

 

さて、今日の記事は少し車好きな方向けの記事になります!

 

VOLVOのチューナーでもある「Polestar」のパーツを

取り付けさせて頂く機会がありましたので、ご紹介していきます!

 

今回装着したぱーつの内容ですが

・サスペンションキット

・インテーク&エキゾーストキット

・タイヤ&ホイールセット

・Polestar用ECUデータ書き換え

といった内容の作業させて頂きました。

内容が長くなりそうなので、2回に分けてご紹介していきます。

第1回目の今回はサスペンションキットの取り付けです。

 

 

前後のショックアブゾーバとスプリングの交換をしていきます。

梱包されている箱もPolestarで特別感を感じます。

 

それでは作業風景です↓↓↓

 

まずはフロントのサスペンションを取り外していきます。

 

取り外し、分解を済ませたフロントサスペンションです。

スプリングを特殊な工具で縮めて脱着するので危険な作業です。

純正部品から流用する部品を取り外し、専用のサスペンションを組み立てて、、、

 

元通り組み付ければフロントは完成です!

 

次はリアのサスペンションの交換作業です↓↓↓

これが純正サスペンションです、フロントと同様、スプリングを縮めて取ります。

 

スプリングを縮める専用の工具を使用して縮めていきます。

 

取り外した純正ショックアブゾーバとスプリングです。

 

リアは流用部品が無いので専用品と交換するだけです↓↓↓

スプリングの色が変わるだけでかなり印象が変わりますね!

組んでいる時も少しテンション高めに作業していました(笑

 

ちなみに、純正部品との違いですが乗り心地がかなりレーシーになります。

スプリングレートやショックアブゾーバの減衰がかなりハイレートなものに

変更されているようで、試運転の際「こんなに変わるのか!」と驚きました。

さすがはPolestar専用品だなぁ。と実感した作業でした。

 

長文を最後までご観覧頂きありがとうございました!

次回はインテーク&エキゾーストキットの取り付けとECU書き換えの作業を

記事にしていきたいと思います!

 

本年のブログは今回で最後の更新となります。1年間ありがとうございました!

また来年もVC港北ニュータウン店とメンテナンスブログを宜しくお願いします!

 

それでは皆様、良いお年を!!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/11 新車納車前点検

いつもVOLVOメンテナンスブログをご覧頂きありがとうございます。

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」です。

 

 

先日は短いブログでしたので、今回はしっかり書いていきます!

 

さて、今回は皆様がご成約頂き、本国より輸送されてきた新車が

どの様にして納車できる状態になるかを少しだけお見せします。

 

「新車納車前点検」と呼ばれる作業の工程について書いていきます!

 

本国より輸送されてきた新車ですが、作業前はこんな感じです↓↓↓

 

 

全身に保護カバーがかけられていて、まるで公開前のコンセプトカーの様です。

まずはこのカバーを取り外しつつ、ボディの傷等のチェックをしていきます。

 

 

カバーが外れてやっと車種が分かる様になりましたね(笑

ただ、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、まだカバーがあるんです↓↓↓

 

 

なんとブレーキにもカバーが取り付けられております。

新車保護の念の入れ方に気合を感じますねー

 

 

こんな風になると普段見慣れた光景になると思います。

タイヤのエア調整やホイールボルトのトルク締めもこの時に行います。

 

次に、輸送されてきた車両は船便で送られてくる為、不要なバッテリー放電を

防ぐ為に「輸送モード」という特殊なモードに設定されています。

それを、皆様が普通にお乗り頂けるように設定を変更していきます。

 

 

車両にテスターを接続し、ソフトウェアでの納車前点検を実施していきます。

 

それが終わると、お客様のご希望されたオプション品の取り付け等を行い

メカニックの作業は終了です!

 

 

そして、セールスマンによる登録作業や、磨き屋さんによるコーティングという

工程を全て完了し、お客様へご納車という風になっています。

 

簡単な説明でしたが、ピット内作業風景はいかがでしたか?

今後も様々な風景を掲載していければと思いますので、ブログ更新を

楽しみにしていてくださいね!

 

VC港北ニュータウン店メカニック「後藤」

 

【お知らせ】

12/12(火)の営業時間は10:00~15:00となっております。

ご来店を予定されているオーナー様はお気を付け下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
17ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-tokyo.jp/kohokunewtown_service/feed?feed=rss